【2015・2016】[PB2130]初等算数科教育法  2単位目、合格レポート(明星大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数362
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。ご活用ください。
    1単位目と2単位目のセット販売もございます。
    好評のコメントをいただきました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等算数科教育法2単位目>
    【課題1】
    「図形」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「数学的リテラシー」を育むための教材を1つ考案しなさい
    【課題2】
    「数量関係」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、子どもの「数学的な考え方」をのばすための教材とその指導の流れについて具体例を挙げて説明しなさい。
    【課題1レポート】
    (1)PISA調査では、数学的リテラシーの定義を「数学が世界で果たす役割を見つけ、理解し、現在および将来の個人の生活、職業生活、友人や家族や親族との社会生活、建設的で関心を持った思慮深い市民としての生活において確実な数学的な根拠にもとづき判断を行い、数学に携わる力」としている。つまり、現実世界における様々な課題や文脈に対して、数学を活用して判断・解析・解決・解釈する能力である。このような、あらゆる課題に数学を活用して課題解決を図ることを重要とする考えは、文部科学省が目指している変化の激しいこれからの社会を生きるために必要な「生きる力」を持った人材の育成と重なる思想である。したがって、数学は「生きる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。