【2015・2016】[PB2130]初等算数科教育法  1単位目、合格レポート(明星大学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数354
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポートです。ご活用ください。
    1単位目と2単位目のセット販売もございます。
    好評のコメントをいただきました

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等算数科教育法1単位目>
    【課題1】
    「数と計算」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「算数的活動」の教材を1つ考案しなさい
    【課題2】
    「量と測定」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「個に応じた指導」とその流れについて具体的な教材を挙げて説明しなさい。
    【課題1レポート】
    (1)『小学校学習指導要領解説算数辺』「数と計算」の領域では、計算の意味を理解すること、身に付けた知識や技能を生活や学習に活用することが重要であると示されている。しかし、平成24年度『全国学力・学習状況調査【小学校】報告書』では、具体的な課題として次の2点を挙げている。1点目は色の異なるテープの長さを比べる場所において、図と関連付けて、示された割合を基に基準量と比較量の関係を理解し、1に当たる大きさを求めるために除法が用いられることを理解すること。2点目は、買い物場面におけるおつりにおいて、2通りの計算の仕方を解釈し、一方の処理の方が合理的である理由を言葉と数を用いて記述すること。
    このような課題の原因として、次のようなものが考えられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。