【試験対策・過去問】 体育 明星大学 2016年優

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数106
ダウンロード数12
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年の試験でここから出題され、優をとりました。
    傾向としては、複数のパターンの過去問が繰り返し出題されることがほとんどです。本資料は、その頻出パターンをほとんど抑えております。
    また、暗記を容易にするために以下の2点に考慮しております。
    ・類似問題に対しては共通して答えられるようにまとめている。
    ・試験で書く字数に配慮した文章量にしている

    どうぞ、ご活用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●体力について行動体力と防衛体力について分けて説明しなさい。
    ●行動体力について説明しなさい。
    ●運動不足が身体に及ぼす影響について説明しなさい。
    ●運動が心身に及ぼす効果について説明しなさい。
    ●身体運動の重要性について説明しなさい。
    ●運動が健康を維持・増進するために効果的である点について説明しなさい。
    ●発育発達期の運動効果について説明しなさい。
    ●子ども達が運動することの重要性について説明しなさい。
    「体力」は、一般的に身体の力をイメージするが、病気に対する抵抗力も体力に含まれる。身体の力を行動体力といい、病気に対する抵抗力のことを防衛体力と言う。
    行動体力
    行動を起こす能力のことで、言い換えれば積極的に外部へ働きかける能力で、体力測定で測ることが可能である。行動体力を構成する要素は3つある。車に例えるてみる
    ①「行動を起こす能力」:筋力、瞬発力のこと、エンジンを始動させて車体を動かす力にあたる。
    ②「行動を持続する能力」;持久力(筋持久力、全身持久力)。ガソリンでエンジンを回して走る力に当たる。この場合のエンジンとは心肺機能を指している。
    ③「行動を調節する能力」:調整力(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。