【試験対策・過去問】 初等家庭科教育法 明星大学 2016年優

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数216
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年4月の試験でここから出題され、優をとりました。
    傾向としては、複数のパターンの過去問が繰り返し出題されることがほとんどです。本資料は、その頻出パターンをほとんど抑えております。
    また、暗記を容易にするために以下の2点に考慮しております。
    ・類似問題に対しては共通して答えられるようにまとめている。
    ・試験で書く字数に配慮した文章量にしている

    どうぞ、ご活用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [PB3050]初等家庭科教育法 試験対策&過去問
    問題は2問です。
    ●小学校家庭科で題材構成する場合の留意事項を説明せよ。
    児童の家庭生活の在り方、生活経験の有無などにより、興味・関心、学習意欲、思考の仕方、身に付いている知識や技能などは様々である。
    一人一人の児童が自分を生かすことができるように、題材構成や使用する教材を個に応じて工夫、選択、追究するなど、弾力的な学習ができるようにする。
    ●消費者教育を小学校家庭科で実践していく際の留意点を述べ、具体的な実践例を挙げよ。
    家庭科の消費者教育指導計画例として、調理実習の材料の買い物にまつわる様々な問いを投げかけることによって、必要に応じた商品を選択し、購入するための判断力を身につけさせようとする取り組みがある。
     日本は四季に富み、季節に応じて旬の食材も異なる。 例えば、春ならたけのこ、夏ならモロヘイヤ、秋ならサンマ、冬ならニンジンなどである。四季に見合った食材を選ぶことで、おいしい食材が安価に手に入る。こういった知識や判断力の育成は、「食」を支えるにあたって重要な消費者教育である
    ●小学校家庭科における学習指導の方法について、分団指..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。