【試験対策・過去問】 教育心理学 明星大学 2016年優

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数227
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年4月の試験でここから出題され、優をとりました。
    傾向としては、複数のパターンの過去問が繰り返し出題されることがほとんどです。本資料は、その頻出パターンをほとんど抑えております。
    また、暗記を容易にするために以下の2点に考慮しております。
    ・類似問題に対しては共通して答えられるようにまとめている。
    ・試験で書く字数に配慮した文章量にしている

    どうぞ、ご活用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [PA2030]教育心理学 【試験対策・過去問】
    ●子どもの自尊感情と原因帰属について、学業成績に関する具体例をあげて説明しなさい
    原因帰属:結果の原因がどこにあるかを理論化
    →人は自分の成功にたいしては、自分の内的要因に帰属させ、失敗に対しては外的要因に帰属させて自尊心を高めようとする傾向持つ。これらの「バランスにより自尊感情が決まる。
    研究では、自尊心が高い子どもは自尊心が低い子どもに比べて学業成績が優れているという報告が多い。教師は適切な課題を与え、成功感を味わえる工夫が大切
    ●動機づけは、学習を生起させるための基本的な要因です。動機づけには「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」があります。それぞれについて具体例を挙げて説明しなさい。
    外発的動機づけ・
    1.賞による学習意欲を向上
    例:褒めることでやる気
    2.罰による強制。無力感におちいることがある
    例:悪い点数を取ると怒られる
    内発的動機づけ
    1.有能さへの欲求
    例:子どもは少し難しい問題に挑戦する。
    2.自己決定への欲求
    例:自分が定めた課題の遂行を感じたい
    3.知的好奇心
    例:興味があることをより深く知りたがる
    スタートは外..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。