【2015・2016】[PA2030]教育心理学 1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数128
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <PA2030 教育心理学 1単位目> 【課題】 ピアジェの発達論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べなさい。
    ピアジェの考えは、子どもと大人の思考は異なり、子どもは特有の感じ方や考え方を各発達段階において独自の存在し、個々の子どもの発達にふさわしい活動こそが、豊かな発達を促進するとしている。発達段階による子どもの思考の特性の違いについて、ピアジェは「発生的認識論」の中で、生後から18歳ごろまでの発達を想定し、子どもの思考過程(認知機能)の発達段階を4段階に分類した。各段階についての説明を以下に示す。
    <感覚運動期(0~2歳ごろ)>
    この時期の子どもは外界の存在を知り、外界と意識的に関わりはじめる過程で思考を形成していく。そのためには、視覚、聴覚、触覚といった感覚刺激と、つかんだり、落としたり、噛んだりといった運動とを供応させることが大切である。 
    この時期の発達の特徴として、「ものの永続性」が一つのキーワードとなる。例えば、目の前にあるおもちゃを手や布などで隠した場合、初期のころはそのおもちゃがまるでこの世から消えてなくなってしまったかのように考える。しかし、後半になると同じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。