【2015・2016】[PB3050]初等家庭科教育法 2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数158
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください
    1単位目と2単位目のセットもございます

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <明星大学 [PB3050]初等家庭科教育法 2単位目>
    【課題1】
    「衣服の着用と手入れ」の内容で問題解決な学習を行うことができる学習指導例を考え具体的に述べなさい。
    【課題2】
    環境を考慮した学習指導例について、実践的・体験的な学習が行えるよう工夫し具体的に述べなさい。
    【課題1】
     家庭科の授業では、日常生活に目を向けて問題を見出し、問題解決能力を養い生活の改善を図ることが大切である。さらに、その内容を「衣服の着用と手入れ」としたときの問題解決的な学習指導例について考えて言いたい。
     まず、着用についての学習指導例を考える。衣服には、様々な種類があることから、場面や職業によって適したものがあることを理解させる。その際、クイズ形式にして学習させると、子どもの意欲と理解につながりやすいと考える。例えば、「工事現場で働く人は、なぜスーツや制服ではなく作業着を着るのだと思いますか?」というようなクイズを出せば、「動きやすいから」「汚れても平気だから」というような回答が予想でき、子どもが主体的に服装について考える機会を持つことができる。
     そのあとは、子どもに場面に適した服装のコーディネー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。