【2015・2016】[PB3050]初等家庭科教育法 1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数116
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください
    1単位目と2単位目のセットもございます

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <明星大学 [PB3050]初等家庭科教育法 1単位目>
    【課題1】
    小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え具体的に述べなさい。
    【課題2】
    小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。
    【課題1】
    まず、グループ学習の意義について考えていきたい。グループ学習では、1クラスを6人前後で構成した学習形態をとる。メリットとして、共通の目的を持った者同士が集まり、学習グループを作ることによって成員の共通の目標達成を目指すことができる。特に、集団目標と成員目標を一致させることによって、学習目標の達成機能が促進される。グループ学習を機能させるためには、意見を交換しあったり、協力しあったりできる雰囲気をつくり、相互に啓発しあえる関係性を構築できるかが重要といえる。そのためには、教師は学習内容や学習目標から能力差や男女比などを考慮したグループ編成を考え、活動の様子や経過を見ながら助言や指導を行って、グループ学習が効果的に機能するように努めなけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。