【2015・2016】[PB2120]初等社会科教育法 1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    1単位目と2単位目のセット販売もございます。

    他にもたくさん販売させていただいております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <明星大学 [PB2120]初等社会科教育法 1単位目>
    【課題1】
    初期社会科がめざしたねらいと指導法の特徴について、今日の初等社会科のあり方と課題に関連して論じなさい。
    【課題2】
    初等社会科が育むべき学力の特徴について、学習形態および「総合的な学習の時間」と体験学習に関連して論じなさい。
    【課題1】
     OECDのPISA調査は、読解の知識や技能を実生活の様々な面で直面する課題においてどの程度活用できるかを評価することを目的としており、これは現行学習指導要領がねらいとしている「生きる力」「確かな学力」と同じ方向性にある。初期社会科は昭和20年代の成立期における社会科で、そのねらいは、今日強調される「考える力」や「総合的な学習の時間のねらい」が目指すものと同様で、ものの見方やとらえ方として「生き方」の基礎を育み、合理的な「考え方」と「生き方」を生み出せる人づくりを目指すものであった。問題を解決させることで社会生活の理解を図り、市民的な態度・能力を統一的に育成する。
     その指導法の特徴は、青少年の社会的経験を豊かに深いものに発展させることが大切とし、デューイの「行うことで学ぶ」という経..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。