【2015・2016】[PB2070]家庭科 2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数91
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    1単位目と2単位目のセット販売もございます。

    他にもたくさん販売させていただいております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <明星大学 [PB2070]家庭科 2単位目>
    【課題1】
    小学校家庭科と食育との関わりについて説明し、学習指導のあり方について考えを述べよ。
    【課題2】
    家庭科教育において家庭との連携を図ることの重要性について説明し、家庭科学習の生活実践化をはかる学習指導のあり方について考えを述べよ。
    【課題1】
    「食育」とは食材や食品、調理といった「食べる事」に始まり、マナーや伝統といった「文化」、更には自給率や国際的な食糧問題などの時事問題に至る「食」に関する多岐に渡った分野についての「教育」を指しています。
    ものや食べ物が溢れ、飽食の時代とも呼ばれる現代の日本。そうした中でも、「食」に関する問題は近年大きく取り上げられており、尽きない。例えば、ダイエット等による食生活の乱れ、偏った食事や欠食などが挙げられる。また、フードチェーンの多様化・複雑化や家庭等における食の教育力の低下など環境変化の中で、国民個々の自主的な努力に委ねるだけでは健全な食生活の実現が望めない状況にある。発育の著しい児童期にある子供たちにとって、「食」は非常に大きな問題である。ここでは、児童の「食育」と家庭科の関連について述..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。