【2015・2016】[PB3060]初等体育科教育法 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数396
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等体育科教育法 2単位目>
    【課題】
    5年生における「陸上運動」領域のハードル走についての単元計画を作成せよ。
    【本文】
    1.単元名 陸上運動「ハードル走」
    2.対象学年 5年生
    3.児童人数  30名(男子 15名、女子 15名)
    4.運動特性 (①一般的特性 ②児童から見た特性)
    ①・障害物であるハードルを飛び越え、定められた距離を走ってタイムを追求する運動
    ①・ハードルをリズミカルに飛び込むために、筋力、柔軟性、調整力を要する。
    ②・ハードルを飛び越えることに恐怖心を抱きやすい。
    4.単元目標
    <技能>越えるフォームに気をつけながら一定のリズムでハードル走ができる。
    <態度>自らハードルや用具の準備・片付けを行おうとし、積極的に練習しようとする。
    <思考・判断>自分の課題の解決策を見つけたり、他の人にアドバイスできる。
    5.評価観点
    <技能>自分に合ったインターバルを知り、リズミカルにハードルを飛ぶことができる。
    <態度>安全に留意した正しい用具の管理・使用をして、意欲的に練習に取り組むことができる。
    <思考・判断>自己や他の人の課題の解決のために工夫したり、アドバイスを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。