【2015・2016】[PB3140]保育内容C・環境1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数375
ダウンロード数6
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格したレポートです。

    とても良い評価を受けたレポートです。ご活用ください

    1単位目と2単位目のセット販売もしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <保育内容 C・環境 1単位目>
    【課題1】
    領域「環境」のねらいと内容について述べよ。
    【課題2】
    保育内容の環境として、自然物、動植物を使った遊びを考え、どう子どもに提案するかについて、まとめなさい。広く教科書、参考文献、ご自身の経験から想定して提案しなさい。
    ⑴ 領域「環境」は、自然や社会、文化などに関する環境要因を扱うもので、子どもの育ちの全体像を見ていく視点のことである。領域に示されている「ねらい」は、園生活全体を通して幼児に期待される心情、意欲、態度のことである。また、「内容」はねらいを達成するために保育者が働きかけ、乳幼児期に身につけることが望ましいものとして示されている。領域は、保育の基本を子どもの生活や遊びに即して園生活の中で具体化させ、充実させるものであるといえる。
    学校教育法第22条では、「幼稚園は、義務教育及びその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。」とされ、平成20年度に改訂された『幼稚園教育要領』では、幼稚園教育の基本として「幼児期の特性を踏まえ、環境を通して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。