(明星大学)[PB3160]初等教育実習指導 合格レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,820
ダウンロード数82
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格したレポートです。この科目のレポートの採点は不合格率が高く、非常に厳しいので、ぜひご活用ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [PB3160]初等教育実習指導
    【課題1】
    学習指導案の意義について説明し、どのように学んで作成していくか、考えを述べなさい。
    【課題2】
    教育実習生として、実習校の先生方に対して、どのような姿勢や心構えで関わっていけばよいのか説明しなさい。更に、先生方と関わるための具体的な方策について自分の考えを述べなさい。
    【課題1回答】
    学習指導案は授業のための設計図あるいは計画表になるもので、その意義は、授業の流れ、指導内容、児童の課題などを明確にし、教員同士で共通の理解を図って効果的な授業を展開することである。学習指導案を作成していく過程で、教材の理解や解釈が深まるだけでなく、児童の課題を認識することに繋げることができる。
     学習指導案を作成するにあたり、自分なりの考えを述べる。
    ①参考資料を元に作成する。
     単元の意義や内容については、学習指導要領、指導案例集、その他の関係資料を確認し、学習の目標や目的に沿った学習指導案の作成にあたる。
    ②授業の展開を想定して作成する。
     児童がつまずきやすい個所、予想される質問、要する時間などを予め想定して学習指導案を作成する。そうすることにより、より..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。