【2015・2016】[PB3030] 初等音楽科教育法、1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数394
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    1単位目+2単位目のセットも販売してますので、必要な方はそちらをどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <PB3030 初等音楽科教育法 1単位目>
    【課題】
    「歌唱共通教材」とはどのようなものですか。
    ①定義
    ②指導計画に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめてください。また、教科書P.36の表を写し、曲名を書き入れてください。
    【回答】
     「歌唱共通教材」とはどのようなものか、①定義②指導計画に組み込むときの注意点についてまとめ、最後に「共通教材」の表を示す。
    ①現行の小学校学習指導要領では、第2章第6節音楽において、「共通教材」が特に指定されており、初めて指定されたのは昭和33年版学習指導要領である。
    教材として扱うべき特定の楽曲名が挙げられ、「歌唱共通教材」と「鑑賞共通教材」とがあり、学年ごとに指導計画に組み込んで歌ったり聴いたりするべき教材曲として、3〜4曲の具体的な楽曲名が示されてきた。
    歌唱共通教材の意義は、唱歌や童謡、わらべうた等、我が国で親しまれてきた音楽を子どもからお年寄りまで世代を超えて共有できるようになることにある。また、それは、我が国の音楽文化を継承していく観点からも大切である。
     歌唱共通教材は各学年ごとに4曲あり、現在では楽曲の中から、第1学年から第4学年ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。