(明星大学テスト試験対策)初等教育方相談の基礎と方法【過去問と解答】[PB3100]

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数360
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    頻出問題の過去問は網羅できていると思います。
    類似の過去問をまとめて全てに対応できる解答にしたり、試験に適した文字数にしたりなど、効率を求めた工夫をしております。

    2015年の試験で、こちらの資料を使い「優」をとりました。、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等教育相談の基礎と方法
    ※問題は1問
    【問題1】
    カウンセラーが行なうカウンセリングと教師が行なう教育相談はどのように異なるかについて、役割、目的と目標、方法の3点から説明しなさい。
    教師とカウンセラーは別の役割を果たす存在である。その違いは以下のとおりである。
    <回答>
    教育相談とは、教師がおこなうもので、簡単にいうと「すべての子どもに対して、たくましく成長・発達してもらうために、あらゆる問題に対して指導・援助する活動」のことである。
    SCは臨床心理士などの専門資格を有していたり、大学や大学院で心理学を専門的に学んだ者が配置されている。したがって、SCの知識は専門的で、技術は臨床的なものである。
    上記のことを踏まえて役割、目的と目標、方法の3点から両者の違いについて説明する。
    ●教育相談
    <役割>
    教師には、日頃から生徒に接しているからこそ、信頼関係の構築や各生徒のささいな点についても気づけるという長所がある。そういったものは、時にカウンセリングの深い専門的知識よりも効力を発揮することがある。そいういった教師ならではの強みを活かし、教育相談を効果的に行う。
    <目的と目標>
    教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。