【2015・2016】[PB3110] 幼児理解の理論と方法、2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数412
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <幼児理解の理論と方法2単位目>
    【課題】
    8〜終章を読み、参考文献をもとに学習を深めてから以下の課題についてレポートしなさい。
    8〜11章の4つの実践例をどのような幼児理解が各事例の保育に生かされているか、まとめなさい。
    【課題本文】
    8章〜11章で4つの実践例から、どのような幼児理解が保育に生かされているか、まとめる。
    (1)8章の「レストランごっこ」の事例についてまとめる。幼稚園で3〜5歳児の異年齢集団により実践された。
    ①幼児理解 5歳児は3〜4歳児の遊んだ遊具の片付けを手伝ったり、トラブルの仲裁をするなど、年長者として年下を世話する意識があると考えられる。②保育計画 本物の食材を使ったレストランごっこに発展させ、自分の役割を果たす喜びを味わえるようにしたい。③実践 参加する幼児は、もてなす準備の段階から経験し、5歳児にコック帽やカチューシャをつけ役割分担をおこなうようにした。当日は、栄養課と保育者が連携しながら環境設定と準備・実践した。④省察 5歳児がコック帽やカチューシャをつけることで、臨場感が演出され、3〜4歳児をおもてなしする意欲と喜びが生まれた。⑤新たな幼児理解 保育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。