【2015・2016】[PB2100] 初等教育課程論 2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数535
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    1.小学校教育過程の編成と教育方法に関し、学力を伸ばすためにはどうあるべきか、検討してください。
    2.教育評価につき、今後の学力課題に関連して考えをまとめなさい。
    3.幼稚園教育の指導計画の立案に当たって、基本的に留意すべき点を挙げてください。なおその際、保育の理念や子供像、遊び観などを取り上げてください。
    ※1と2を選択
    【課題本文】
    (1) 小学校教育過程の編成と教育方法に関し、学力を伸ばすためにはどうあるべきかとう視点を踏まえてのべる。
     教育課程とは、学校の教育活動全体についての基本計画のことで、教育目的・教育目標の達成を目指す。この、教育課程に基づいて具体的な指導計画を作成し、学校は教育活動を展開して生徒の学力の育成を図る。そのため、教育課程の編成は生徒の学力に直接かかわる重要な要素となる。
     教育課程の編成について、学習指導要領の総則の第1の1前段に原則が示されており、その要点は、①法や学習指導要領に従う。②調和のとれた育成を目指す。③地域や学校の実態、児童の心身の発達の段階等に考慮する。④目標を達成するよう教育を行う。などがある。こういった原則に留意し、学校は創..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。