【2015・2016】[PB1030] 生活科、2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数299
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <生活科2単位目>
    【課題】
    1.生活科の学習指導について工夫したい方法、留意すべき事項を自分の視点でまとめよ。
    2.生活科と「総合的な学習の時間」の関連について述べよ。
    【課題1本文】
    (1) 生活科の学習指導について工夫したい方法、留意すべき事項を述べる。
     始めに教師がとるべき立場について説明する。生活科では「活動や体験」を重視しており、児童が意欲的に自ら進んで活動することが大切である。そのため、従来の科目のように教師が「教え」、児童が「学ぶ」といった一定の知識や技能を子供たちに共通的に身に付けさせる指導は、生活科にはそぐわない。そのため、教師は子供の成長の過程を見守り、学習環境を整え、児童の主体的な活動促すような支援者あるいは援助者としての役割を果たすことが求められる。
     次に、教師が生活科の学習指導していくあたりに、工夫の仕方や留意点について説明する。教師が指導をするにあたり大切にしなければならないことは、「児童が自らの思いや願いを実現していく過程を重視すること」である。そのため、教師は支援者として効果的な学習が体験できるよう責任を果たさなければならない。もし、ただ単に多様..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。