[PB3100] 初等教育相談の基礎と方法、1単位目、2単位目、合格レポートセット

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数662
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格いただいたレポートです。ご活用ください。
    こちらは1、2単位セットです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等教育相談の基礎と方法1単位目>
    【課題】
    1.カウンセリングの 3 原則を述べたうえで、カウンセラーとは異なる教師の行う教育相談の目的・内容・特徴を整理しなさい。
    2.保護者との面談および子どもとの関わり方に関する基礎的な技法・考え方を述べなさい。
    <初等教育相談の基礎と方法2単位目>
    【課題】
    1.発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における対応の方法に関して、一つの発達障害を取り上げ、問題行動の捉え方を踏まえつつ述べなさい。
    2.教師として、多様な保護者とのつながりをどのように作っていけばよいかについて述べなさい。
    <初等教育相談の基礎と方法1単位目>
    【課題1本文】
    (1) 教師が行う教育相談と、スクールカウンセラー(以下、これをSCと呼ぶ。)が行うカウンセリングには、違いがある。それについて、比較しながら説明する。 
     まず、特徴について説明する。教師が行う教育相談の特徴は、校内のすべての教職員が担い、すべての児童とその保護者を対象とする。一方、SCがおこなうカウンセリングは、心理臨床家としての専門性を有するものが行い、心の問題を抱える児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。