【2015・2016】[PB3090] 児童・進路指導論、1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数304
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <児童・進路指導論1単位目>
    【課題】
    学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさ
    い。それを踏まえて、担任としてどのような点に気をつけ、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    【課題本文】
     自己指導能力とは、子どもの自発性、自主性、自律性のために、「自分で自分を指導していくという力」という意味である。簡単に言うと、目の前にある問題や課題を過去の経験や体験から学んだことを動員して解決してく力のことである。この過去の経験や体験は子どもが他者との関係の中で身につけてきたかが重要で、教師は児童が学校で仲間とよい関係づくりができるよう指導していかなければならない。また、問題が起きた場合は解決のために自分自身をよく知り、将来への希望や今後の課題の明確化を仲間との関わりのなかで把握できるように指導することも大切である。この自己指導能力を養うことは、今まで経験したことのない問題に直面したとしても自身の力による解決を可能にする。子ども人生において大きな重要な能力のため、教師は子どもの自己指導能力を育まれるような学級運営と指導をしていかなければならない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。