【2015・2016】[PB2150] 初等生活科教育法、1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数529
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等生活科教育法1単位目>
    【課題】
    1.生活科の指導計画作成上の留意点を述べよ。
    2.第1学年または第2学年における年間指導計画を構想せよ。年間を通していくつかの大単元を構想し、要点を述べること。書く形式は自由とする。なお、想定した地域の都道府県名、市町村名を記すこと。
    【課題1本文】
    (1) 指導計画の作成上の留意点を述べる。作成にあたり、①学習活動のまとまりを構想する。②学習活動のまとまりの配列を構想する。③学習活動を展開する条件を検討する。以上の3つの観点に着目していく。
     ①学習活動のまとまりを構想するについて説明する。まず、学習活動を展開するにあたり、場所や協力者や施設などをリストアップする。そうすることで、具体的な学習活動を構想する段階に入ることができる。実際に学習活動のまとまりを構想するにあたり、重要なことは学習を関連させて、自由に創造豊かに展開することである。例えば、「季節の変化と生活」に関連させて「公園で春探し」の展開を構想したとする。公園には植物や遊具があるので、それらをまとまりとして考えれば、「公共物や公共施設の利用」や「動植物の飼育・栽培」を関連させて、授..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。