【2015・2016】[PA1030] 教育の制度と経営 、2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数552
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <教育の制度と経営2単位目>
    【課題】
    1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    【課題1本文】
    (1) 学級経営をするにあたり、学級編成に関して取り上げ、まとめと見解を述べる。
     学級は学校教育の目的を達成するために、一定の基準をもとにして編成された制度的な集団である。そして、この学級は1つの社会を形成しており、様々な活動を通して、児童・生徒の思考力、道徳性、人格などを育てる教育の場にしていくことこそが、学級担任に求められる学級経営である。学級を運営するにあたり、学級編成は、教師が生徒を指導するためや、生徒同士で協働するなど、円滑な学級運営にあたり、適正な人数での編成が重要となる。
     学級編成の偏移について流れを追っていく。1889年、尋常小学校では70人未満に定められていた。続いて、1941年には60人未満。さらに、1948年では、小学校は50人以下が標準とされた。その後、1958年に「公立義務教育諸学校の学級編成および教職員定数の標準に関する法律」が制定され、幾..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。