【2015・2016】[PB2140] 初等理科教育法、1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数466
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等理科教育法1単位目>
    【課題】
    1.「これまでの理科教育の問題点(欠陥)」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    2.「これからの理科教育はどうあるべきか」について、テキストから学んだことをまとめ、それについての私見を述べよ。
    【課題1本文】
    (1) これまでの理科教育の問題点(欠陥)は、大きく分けて教科書の問題と授業の問題の二つに分けることができる。この二つについてまとめ私見を述べる。
     教科書の問題点だが、現在使われている教科書は、実験・観察のところに「ああしなさい」「こうしなさい」といったような指示やその結果が記載されており、授業に出席しなくても教科書を見れば済んでしまうのである。こういった教科書は、児童の実験・観察の際の予想する機会を奪い、楽しみと創造性を奪ってしまう。そのため、教科書は記載内容を実験の目的や方法程度にとどめ、児童が予想する機会を与えることが重要と考える。しかし、児童が授業に出席できない時も考え、実験のすべてを付録や別冊で記載し、フォロー体制を整えておくことも大切である。
     次に授業の問題点について述べる。理科の授業におい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。