【2015・2016】[PB3080] 特別活動の指導法(小学校)1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数411
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <特別活動の指導法(小学校)1単位目>
    【課題:2問のうち1問選択して解答せよ。
    1.なぜ、小学校教育の中で特別活動が必要なのか、その教育的意義について述べよ。
    2.戦後の教育課程の変遷で、特別活動がどのように位置づけられてきたか、についてまとめなさい。】
    ※1を選択
    【課題本文】
    特別活動とは、多様で自由度の高い活動でのことで、小学校における特別活動は、「小学校学習指導要領」にその内容が示されている。内容は、「学級活動」「児童会活動」「クラブ活動」「および「学校行事」となっており、いずれも「集団活動」として展開されるものである。また、特別活動の全体目標についても次のように規定している。「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、自己の生き方についての考えを深め、自己を活かす能力を養う。」例えば、この中にある「集団活動」における「集団」とは、各教科の学習における「集団」の意味とは異なる。各教科の学習における「集団」とは、授業を行うにあたり便宜上集められたもので、効率を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。