【2015・2016】[PB3070] 道徳教育の指導法(小学校)2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数331
ダウンロード数3
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <道徳教育の指導法2単位目>
    【課題:小学校5.6年生を学習者として想定し、道徳の時間に展開したい学習内容を構想せよ。なお、ねらい、学習内容、評価を中心に要点をまとめること。書式は自由とする。】
    【課題本文】
    道徳の時間に展開したい学習内容について、自分が5、6年生の担任を受け持った教師と仮定し、道徳学習指導案の実践例を下記で示す。
    主題名:思いやり
    資料名:夏の日のこと
    主題設定の理由
    ねらいとする価値について
    困っている人を助けたいと思うような思いやりを育てたい。何か困っている人を見つけたときに、その人に対して自分ができることを理解し、それを実行する心情は、よりよい人間関係構築のための基礎となる。相手の立場になって物事を考え、行動できるような優しさと、逆に自分がそれをされたときの嬉しさについて考えさせたい。
    児童の実態について(架空の学級を持ったものとして考える。)
    普段から忘れ物したときに、筆記用具を貸したり、教科書を見せてあげたりなど、思いやりの行動が見られることが多い。しかし、一部そういった思いやりを持てない児童も存在し、そういった児童にも、思いやりの心をもってもらうことが課..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。