【2015・2016】[PB3070] 道徳教育の指導法(小学校)1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数314
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <道徳教育の指導法1単位目>
    【課題1:現行の『小学校学習指導要領』における道徳教育の考え方について説明せよ。】
    【課題2:以下の2題のうち1題を選んで解答せよ。
    a. 明治から昭和20年まで道徳教育の変遷について要点をまとめよ。
    b. 昭和20年代以降の道徳教育の変遷について要点をまとめよ。】
    ※b選択
    【課題1本文】
     平成20年3月に「小学校学習指導要領」(以下『要領』と略す)の改定があった。この改定は、中央教育審議会の答申を踏まえて行われた。同答申において、「豊かな心や健やかな体の育成のための指導の確立」という考えが示され、また、「教育内容に関する主な改善事項」の中に、「道徳教育の充実」が挙げられるなど、道徳の時間は極めて重要な位置づけであることがわかる。これら答申の考えをもとに、要領の改訂が行われた。改定された要領の基本方針は、「道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな身体を育成すること。」というものである。上記のように、要領において、道徳教育は一層重視され、教育の柱の一つとして扱われている。
    具体的な要領の改定点として次のとおりである。
    道徳教育は、道徳の時間..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。