【2015・2016】[PB2160] 初等教育方法学 2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数322
ダウンロード数1
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <初等教育方法学2単位目>
    【課題1:自分が情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する際には、どのようなことに配慮するか考察しなさい。】
    【課題2:我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。】
    【課題1本文】
    情報通信技術の発達により、教育現場においてもこれらの導入が増えてきた。情報通信技術を導入するメリットは、情報の収集や加工が効率的、音声や映像の発信、遠くにいる人の交流が可能など、多岐にわたる。情報通信技術を用いた授業方法は、工夫次第で効率的な授業の展開を可能にする。一方、短所も存在する。例えば、パソコンに依存しすぎることで、人間や社会との接点が減少してしまうことや、画面上で全て完結してしまい、創造力や努力が失われてしまうという一面もある。さらに、私自身がパソコンによる授業を受けた経験をもとにいうならば、PowerPointのスライドが切り替わるだけの風景は、学習内容が印象に残りづらいという印象があり、工夫や教師の魅せる能力が必要と感じる。そういった点に留意し、従業を展開する必要がある。
    私が、情報通信機器やデジタル教材を活用しながら、授業を展開する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。