【2015・2016】[PB2090] 児童心理学 2単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数394
ダウンロード数2
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <児童心理学2単位目>
    【課題:子どもの自尊感情に与える親の養育態度と学校の影響について説明しなさい。】
    【課題本文】
    自尊感情の定義は、「人が自分の自己概念と関連付ける個人的価値および能力の感覚」とされている。自尊感情は、自己概念の形成過程に大きく関わりを持つ。自己概念とは、「現在や過去の対比的な自己観察および他者による評価からつくられる多少とも体制化された自己についての認知像」のことである。自己概念の形成過程で必要な、自己に対する評価的な感じ方にあたる部分が、自尊感情である。
     自尊感情には年齢的変化が見られ、小学校高学年から中学にかけては低くなる傾向がある。これは、自分と周囲との客観的対比、自己の理想と現実の差、自分に対する周囲の扱い方の変化、こういったことを判断する能力が備わってくることで、一時的に自信を喪失するためと考えらえる。
    また、自尊感情は発達にも影響を与える。肯定的な自尊感情を持つ青年は、自分の能力を相対的に高く知覚し、課題に対して積極的で、主観的な幸福感が相対的に強い傾向がある。次の通り、その行動特性の例を3つ挙げる。①友人をつくりやすく、おしゃべりである。②能動的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。