【2015・2016】[PA1020] 教育原理1単位目、合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数590
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    問題なく合格したレポートです。ご活用ください。
    お得な1・2単位合格レポートセットもございます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <教育原理1単位目>
    【課題1:教育思想家の考え方に言及しつつ、自分自身のこれまでの教育的体験を踏まえて自分の視点で教育観を述べよ。】
    【課題2:明治期の学校教育史の要点をまとめよ】
    【課題1本文】
    2人の思想家を取り上げ、それぞれの思想について言及し、私がその思想について、どういった考えをもっているか実体験等を通して述べる。
    1.ペスタロッチ
    子どものもつ直観力に着目し、直観力がすべての認識の基礎であり、その教育が文字や言語による教育より効果が高いとする「直観教授」を重視した。また、知性、心情、技術の3つの能力の調和がとれた人間形成が社会の改革につながるという信念を持っていた。私は、ペスタロッチが推奨する「直観教授」に肯定的な考えを持つ。例えば、私が小学生の時にカイコの育成をし、糸を割り箸で絡めて採取するという授業があった。その中で、直観的にカイコにとっての糸の役割や、その糸の強度や性質などを理解することができた。また、今でこそ、倫理的な問題で行われてはいないが、カエルの解剖実験は、生物の性質を直観的に認識するためには大きく役立つと考えられる。それらは、文字や図で教えられるよりもはる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。