佛教大学 英米文学概論 A判定 P6101 第2設題 2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数164
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学 英米文学概論 A判定 P6101 第2設題 2015

    設問:エマスン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、バウンドについて述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エマスン、ソロー、ホイットマン、ジェイムズ、ドライサー、フロスト、バウンドについて述べなさい。
    米文学史における主要な作家について以下に述べる。
    エマスン(1803-1882)
    ラルフ・ウォルドウ・エマスンは1836年『自然論』を出版した。この本には真理は経験を超えた直感によって把握されるとする彼の超絶主義の中心思想が述べられている。彼は西洋文明の伝統からもアメリカ宗教の伝統からも自己信頼によって独立できるとして自然を神の意志の現われと見た。アメリカの知的独立宣言書といわれる『アメリカ人学者』は、学者の義務として「自己信頼」を説いた演説である。イギリス旅行での講演を集めた『偉人論』はプラトン、スウェーデンボルグ、モンテーニュ、シェイクスピア、ナポレオン、ゲーテの6人をとりあげて、非凡な人物が神の心を表わしているとした。エマスンの説く超絶思想は一見むずかしそうに見えるが、彼の講演が一般の人からも広く求められたのは、どのように悪いことをしても、償いにより救われる、とするその楽天思想のためであった。このために彼は当時最も尊敬される講演者であった。
    ソロー(1817-1862)
    ヘンリ・デイヴ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。