佛教大学 英文学史 B判定 P6301 第2設題 2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数96
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教英文学史P6301

    代表キーワード

    英文学史P6301佛教大

    資料紹介

    佛教大学 英文学史 B判定 P6301 第2設題 2015

    設問:テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。
    「18世紀の散文、詩、劇」
     Daniel Defoeは市民階級に生まれ、この階級の知的活力を代表するような人物だった。彼の作家活動は17世紀末から18世紀前半にまたがっているが、それが「そのまま18世紀イギリス文学の序説となる」と言われる。A Journal of the Plague Yearは事実をありのままに報道するジャーナリストの迫真の目が、天性のストーリー・テラーの意欲と結びつき、しかも全体の基底に、災厄を神の鞭かと恐れおののく清教徒の良心が深く滲透している。彼の文学は18世紀英国ジャーナリズムの基本の性格であるとともに、小説の誕生の原点でもあった。
     18世紀前半の英文学のもう1つの特色は、風刺文学が空前絶後の隆盛を示したことである。散文ではJonathan Swift、韻文ではAlexander Popeがその旗頭であった。Swiftの真の天才はGulliver’s Travelsで開花した。これは18世紀英国の現状のき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。