佛教大学 英文学研究 P6304 第2設題 2015 合格

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数577
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学 英文学研究 P6304 第2設題 2015 合格

    設問:1から8までの章から3章を選んで、それぞれの内容を800字前後の日本語でまとめてください。選んだ章からひとつ段落を選び、日本語に訳して、最後に付け加えてください。(選んだ段落のページを訳の最後に「50ページ、第3段落」のように示すこと。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1から8までの章から第一設題で選んだ以外の章を3つ選んで、それぞれの内容を800字前後の日本語でまとめてください。選んだ章からひとつ段落を選び、日本語に訳して、最後に付け加えてください。(選んだ段落のあるページを訳の最後に示すこと。)
    4章 アングロノルマン 1066~1200
    9世紀10世紀の西ヨーロッパの芸術は聖ローマ帝国のものであった。祖先が壊した古代ローマ帝国の芸術を作り直そうとする人々がいた。それゆえ9から12世紀のこの時代の芸術はロマネスクと名付けられた。しかし12世紀の初め、このロマネスクは変容していった。初めて大きなロマネスク建築で埋め尽くされ、面白くないローマ式からもっと敏感なロマネスクへと入れ替わった。ノルマンの厳粛さもまたサクソンによって装飾されていった。12世紀の間に教会や多くの城壁ができ、絵で装飾された。12世紀の芸術へのすばらしい貢献はステンドグラスである。コンスタンティノープルで始まり、西ヨーロッパで発展した。ロマネスク芸術は抽象的ではない。深い自然を表現する上では写実的である。同じような時期に教会音楽も変化した。多声音楽の始まりであり、同じメロディーを歌..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。