佛教大学 教育原論1 Z1102 A判定 2014

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数150
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 Z1102 教育原論 A判定
    2014年度の設題に対応しておりますので、シラバス等ご自身でご確認ください。

    設題 ハヴィガーストの発達課題について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
     発達と教育は切り離せない関係にある。教育は、人間が発達していく過程に対して行われる働きかけである。まずは発達とは何かを定義する。発達とは、加齢に伴う心身の諸側面の変化である。加齢とは時間の経過とともに年齢を加えていくことであり、発達は、加齢に伴う変化である。またこの定義でもう一つ着目すべき点は、「心身の諸側面」という箇所である。発達には体と心の両面の変化が含まれる。体格や生理面、運動能力などのいわゆる「体」の変化、人格や社会性、知能、道徳性などのいわゆる「心」の変化のいずれも発達である。人の一生はいくつかの時期に区分でき、区分された各時期を発達段階と呼ぶ。ただし、どのような質的変化に重きを置いて発達段階を分けるかは、研究社によって考え方の違いがあるため、絶対的な区分ではない。発達段階という観点から発達を記述することには、各時期の発達の特徴や全体像が把握しやすくなり、教育の場においては、対象に対する適切な指導のヒントが得られるのである。
     発達課題とは、先に述べた各発達段階で達成することが重視される課題である。発達課題の提唱者であるアメリカの教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。