商業科教育法Ⅰ(分冊1) 「平成21年改訂の高等学校学習指導要領に関する次の2問すべてについて答えなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数502
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、商業科教育法Ⅰ・分冊1(科目コードT21100)の合格レポートです。

    課題内容
     平成21年改訂の高等学校学習指導要領に関する次の2問すべてについて答えなさい。
    1 商業についての解説書では、改訂の要点について「教科の目 標の改善」と「教育内容の改善」とに 分けて説明をしています。 この内容を簡潔にまとめて記述しなさい。
    2 商業に関する各学科において、原則としてすべての生徒に履 修させる科目には2科目が示されています。この2科目の「内容 の構成及び取扱い」について大学指定の印刷教材をもとに簡潔 に記述しなさい。その際、この科目の性格やねらいなどからみ  て、履修させることが望ましい学年段階についても記述するこ  と。

    講評  概ね課題が求めている内容についてまとめられています。

    追伸  丸写しはせずにあくまで参考資料としてお使いください。..

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〇1これから、高等学校学習指導要領の平成21年改訂の要点について以下に説明する。
    〇まず、「教科の目標の改善」については3点あげられる。
    〇第1に、経済社会の発展にとって、ビジネスの果たす役割はますます重要なものになることや商業科を学んだ生徒の多くは将来何らかのビジネスにかかわることになるということから、従前の教科目標にある「ビジネスに対する望ましい心構えや理念を身に付けさせる」を「ビジネスの意義や役割について理解させる」に改めた。
    〇第2に、職業人にとって倫理観を醸成し、社会の信頼を得てビジネスの諸活動に取り組むことが大切であることから、「ビジネスの諸活動を主体的、合理的に行い」に「かつ倫理観をもって行い」を加えた。
    〇第3に、職業人にとって経済社会の発展に主体的に貢献する意欲をもち、自らの役割を認識し、ビジネスの諸活動に取り組むことのできる創造的な能力と実践的な態度が大切であることから、「経済社会の発展に寄与する能力と態度を育てる」を「経済社会の発展を図る創造的な能力と実践的な態度を育てる」に改めた。
    〇次に、「教育内容の改善」については以下の6点があげられる。
    〇第1に、教科の基..

    コメント1件

    孤高の人 販売
    日大通信のリポート用紙に形式を合わせていますので、そのままお使いください。
    2015/07/29 14:53 (16ヶ月1週前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。