佛教大学 社会科教育法レポート2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数596
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0617 社会科教育法レポート(平成27年度)

    第一設題。『平成20年版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元で理解させたい内容を詳細に述べなさい。さらに、そのような内容を理解させるために何を用いて(教材)、どのように指導するのかを説明しなさい。』

    所見「改訂のポイントとの関連が授業事例の説明の中に述べられている」。「設題の把握十分」。B判定でした。

    授業事例では第3学年及び第4学年「地域学習」を取り上げました。

    ※注意
    ら酷似しているレポートを判別できるシステムが新しく導入されたそうなので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題『平成20年版学習指導要領における社会科改訂の基本方針とそのポイントを説明しなさい。そして、第3学年~第6学年の単元から任意で1単元を選び、その単元で理解させたい内容を詳細に述べなさい。さらに、そのような内容を理解させるために何を用いて(教材)、どのように指導するのかを説明しなさい。』
    第1章 社会科改訂の基本方針とそのポイント
    (1)社会科改訂の基本方針
    小学校社会科の基本方針では、「よりよい社会の形成に参画する資質や能力の基礎」を培うことを目指して「地域社会や我が国の国土、歴史などに対する理解と愛情」「社会的な見方や考え方」「身に付けた知識、概念や技能などを活用」する能力などの育成を重視している。これは、これまでの社会科の教科目標である公民的資質の基礎を養うことの重視と読み取れる。さらに、これからの学習活動として「学習や生活の基盤となる知識・技能の習得」を図るとともに、「知識を構造化し構成する能力の育成」や「言語による表現活動の展開」の充実を目指している。また、「我が国の歴史や文化を大切にし、日本人としての自覚をもつようにすること」「持続可能な社会の実現など、よりよい社会の形成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。