佛教大学 生徒指導・進路指導の研究レポート2015

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数894
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等)2015年度レポート。

    第一設題。『小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。』

    所見
    「教育相談は、開発的、治療的、予防的教育相談に分類され、それは児童・生徒をその生活によく順応させ、人格の成長への援助を図るものであるという定義のもつ意味が正確に理解されています。またその際には、カウンセリング・マインドをもつことが重要であるという視点も正確に理解できています。いじめや不登校の事例への対処もしっかり言及できており、たいへんよくまとまっています」との評価をいただき、A判定でした。なお、「不登校」について、まとめています。

    *注意
    酷似しているレポートを判別できるシステムが新しく導入されたそうなので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題『小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明してください。』  
                        
    第1章 教育相談の定義
    文部省(1981)は教育相談を「一人ひとりの児童・生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましいあり方について助言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるものである」と定義している。教育相談は、家庭教育のあり方、学業相談、進路相談などを主な内容とする開発的教育相談(教育・指導のための教育相談)、知能や情緒の発達などに問題をもつ児童生徒等に対して、問題解決や治療・指導を目指す治療的教育相談(治療・指導のための教育相談)、不登校やいじめの問題が起こらないよう未然に子どもの心のケアを行う予防的教育相談の3種類がある。これらの内容から教育相談は問題を抱えている児童・生徒のみを対象とするのではなく、すべての児童・生徒を対象としていることが分かる。思春期には誰しも問題や悩みを経験するもので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。