明星大学 初等教育相談の基礎と方法 1単位 (PB3100)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数83
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 初等教育相談の基礎と方法(PB3100)1単位目合格レポート
    ○課題
    1.カウンセリングの3 原則を述べたうえで、カウンセラーとは異なる教師の行う教育相談の目的・内容・特徴を整理しなさい。
    2.保護者との面談および子どもとの関わり方に関する基礎的な技法・考え方を述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 初等教育相談の基礎と方法(PB3100)1単位目合格レポート
    ○課題
    1.カウンセリングの3 原則を述べたうえで、カウンセラーとは異なる教師の行う教育相談の目的・内容・特徴を整理しなさい。
    2.保護者との面談および子どもとの関わり方に関する基礎的な技法・考え方を述べなさい。
    1 教育相談は、「教師が児童生徒最優先の姿勢に徹し、児童生徒の健全な成長・発展を目指し、的確に指導・支援すること。」(日本教育相談学会、2006年)である。
    3つの機能があり、①「開発的教育相談」は、関わる、たがやすという支援・援助で、すべての子どもがより人間的に成長・発達するようにしたり、教育環境の整備をしたりする。②「予防的教育相談」は、登校渋りをしている子どもに、早期に関わりを持ち、危機介入的教育相談活動をする。③「治療的教育相談」は、不登校、非行など問題行動をもつ子どもに対する危機介入的教育相談活動で、学校内の組織的対応や家庭との連携・協力を図りながら関わりを持つことが重要である。
    教育相談の内容としては、①「情緒的サポート」は、「共感」「傾聴」「支持」などの情緒的な働きかけを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。