明星大学 初等算数科教育法 2単位 (PB2130)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数378
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学 通信教育 教育学部 初等算数科教育法(PB2130)2単位目合格レポート
    ○課題 1 「図形」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、 「数学的リテラシー」を育むための教材を1つ考案しなさい。
    2 「数量関係」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、子どもの「数学的な考え方」をのばすための教材とその指導の流れについて具体例を挙げて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 初等算数科教育法(PB2130)2単位目合格レポート
    ○課題
    1 「図形」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、 「数学的リテラシー」を育むための教材を1つ考案しなさい。
    2 「数量関係」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、子どもの「数学的な考え方」をのばすための教材とその指導の流れについて具体例を挙げて説明しなさい。
    ○成績:合格
    ○講評
    適切に課題に答えることができました。
    1 算数科の図形領域は、幾何学に属する。幾何学は人間の日常生活の経験をもとにして生まれた学問で、なかでもユークリッド幾何は、成立から現在に至るまで、世界における初等・中等教育段階の図形教育の基礎となっている。図形領域の指導では、「図形の正しい概念を形成させること」、「空間の認識の仕方を理解させること」、「数学の体系を理解させること」、「筋道を立てて明確な思考・表現ができるようにすること」が重要である。
     学習指導要領の主なねらいは①平面図形と立体図形の意味や性質について理解できるようにすること。②図形について..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。