明星大学 初等算数科教育法 1単位目 (PB2130)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数432
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学 初等算数科教育法1単位目の課題の合格レポートです。○課題
    1 「数と計算」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「算数的活動」の教材を1つ考案しなさい。
    2 「量と測定」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「個に応じた指導」とその流れについて具体的な教材を挙げて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 通信教育 教育学部 初等算数科教育法(PB2130)1単位目合格レポート1
    ○課題
    1 「数と計算」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「算数的活動」の教材を1つ考案しなさい。
    2 「量と測定」領域について、今日的課題を概観し、その目標や指導内容の系統を踏まえた上で、「個に応じた指導」とその流れについて具体的な教材を挙げて説明しなさい。
    ○成績:合格
    ○講評
    適切に課題について答えることができました。
    おおよそ課題について答えることができました。少々協同学習についての記述があらいです。もう少しくわしく書くとよいですね。
    1 数と計算」領域では、低学年では、おはじきなど具体物を用いた活動などを通して、数についての感覚や意味、表し方について理解し、加法及び減法の乗法の意味を理解し、計算の仕方を考え、用いることができるようにすることが目標とされている。中学年では、加法及び減法や、乗法及び除法についての理解や適切な用いる技能や計算の仕方を考え、少数及び分数の意味や表し方について理解し、計算の仕方を考え、目的に応じて用いることができることを目標とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。