S0620 家庭科教育法 リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数487
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年3月に通信課程を修了しました。
    合格済みの家庭科教育法のレポートです。評価はAでした。
    今年も設題が同じでしたらお役に立つかと思います。

    ※コピペ等は厳重に処分されますので、お気をつけください。
    ※自分なりの言葉に変更する・論の順序を変更する等をすることをお勧めします。

    他にも資料をUPしていますので、よろしければどうぞ!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【設題】テキストに示されている家庭科授業作りの工夫(13項目)の中から、2つ以上取り入れた小学校家庭科の学習指導案を作成しなさい。
     この学習指導案では、主にテキストのP.117~P.121を参考にし、家庭科授業作りの工夫として「2.食育の推進をねらった指導」、「9.伝統・文化を重視した指導」を取り入れて作成している。
    5年家庭科学習指導案
    指導者  印
    1.日時 場所 平成26年○月○日(○) 第○校時 家庭科室
    2.指導学級 5年1組(計30名)
    3.題材名 「日本の伝統食 ごはんとみそ汁をつくってみよう!」
    4.単元の目標
    (1)日本の伝統的な日常食である米飯とみそ汁に関心をもち、おいしく作ろうと意欲を持って取り組む。(関心・意欲・態度)
    (2)ご飯とみそ汁の作り方について考え、工夫して調理計画を立てている。(創意工夫)
    (3)ご飯とみそ汁をグループで協力してつくり、ご飯とみそ汁を作ることができる。(技能)
    (4)食品の栄養的な特徴及び身体でのはたらきを知り、バランスの良い食事を摂ることの大切さを理解する。(知識・理解)
    5.指導計画(全6時間)
     第1次 毎日の食事を振り返ろう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。