2015年度合格 S0534教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数186
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教職

    代表キーワード

    教育相談の研究S0534教職

    資料紹介

    B判定です。
    テキストに沿って丁寧にまとめられています。ただ、私自身の言葉も述べるとよりよいリポートになるとアドバイスいただいています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [リポート設題]教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。
    1.カウンセリングの種類
     カウンセリングの種類は大きく分けて2つあるとれ、一つは治療的カウンセリングであり、もう一つは発達援助的カウンセリングである。治療的カウンセリングは、専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療する。発達援助的カウンセリングというのは、他の言葉を借りれば、開発的カウンセリングということができる。このカウンセリングは、治療すなわち症状や病気を治すことが目的ではなく、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるよう援助することが目標なのである。このため、学校カウンセリングといえば、この発達援助的カウンセリングをさす場合が多い。学校カウンセリングの対象は、人格形成の発展途上にある子どもであり、フロイトの心的構造でいえば、イド・自我・超自我の三重構造がまだ流動的な児童・生徒である。発達援助カウンセリングには、教育的カウンセリングと受容的カウンセリングがある。教育的カウンセリングとは、クライエントと言葉を介して、社会的にも道徳的にもどのような行動が望ましいかを、ク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。