【PB3050】初等家庭科教育法 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数267
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015 年度 PB3050 初等家庭科教育法 1単位目

    課題:
    1.小学校家庭科におけるグループ学習の意義について説明しなさい。またグループ学習を行うと、より効果的だと考えられる指導例を考え具体的に述べなさい。
    2.小学校家庭科の評価の観点と趣旨について簡単に説明しなさい。また生活技能を評価する際の留意点と評価法について説明しなさい。

    使用教科書: 『小学校家庭科教育研究』 教師養成研究会・家庭科教育学部会編著(学芸図書)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1.家庭科でよく取り入れられるグループ学習は、1クラスを6人前後のグループに分けて指導・学習する形態である。このようなグループ学習では、児童同士が意見を交換し合い協力して作業を行うことなどで、児童相互間においてよりよい学びの機会の創出や、一人では達成しがたい課題の克服などが可能となる。
    また、グループ編成の際には、能力程度の同質な者あるいは異質な者による編成、出席簿順による編成、など学習指導の目的や学習内容等を考慮した上で検討する必要がある。さらに、グループ学習によっては、グループで学習活動の内容が異なる場合もあるため、各グループの活動内容や結果が把握でき、意見交換も行える場の設定も大切であると考える。
    題材名:「まかせて!今日のお昼ごはん!」(8時間,本時は3/8時間)
    目標:栄養バランスがよい1食分の食事に関心をもち、栄養を考えた食事のとり方について、自分たちのグループに合った献立を考えたり、工夫したりすることができる。
     展開:
    課程
    学習内容
    学習活動
    指導上の留意点
    導入
    お昼ごはんを考えよう。
    めあての確認をする。
    献立を考える時のポイントを確認する。
    ○前時までの学習を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。