【PL2050】特別支援学校教育課程論 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数200
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015 年度 PL2050 特別支援学校教育課程論 1単位目

    課題:
    1.特別支援学校新学習指導要領の基本的な考え方と主な改善事項について述べよ。
    2.特別支援学校新学習指導要領における自立活動の定義と領域内容について概説せよ。

    使用教科書:『特別支援学校学習指導要領解説 総則等編』 文部科学省編(教育出版)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1.特別支援学校新学習指導要領の基本的な考え方は、①幼稚園・小学校・中学校及び高等学校の教育課程の改善に準じたもの②障害の重度・重複化、多様化に対応し、一人ひとりに応じた指導を一層充実させるもの③自立と社会参加を推進するため、職業教育等を充実させるもの。これら3点に分けられる。
    ①の基本方針の具体的内容とは、○教育基本法改正等で明確となった教育の理念を踏まえ「生きる力」を育成することである。○知識・技能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視することである。○道徳教育や体育などの充実により、豊かな心や健やかな体を育成することである。これらは、教育基本法や学校教育法等の規定にのっとり、中央教育審議会答申等を踏まえ、知識基盤社会において重要となる「生きる力」の育成を重視するとともに、「生きる力」をささえるための、確かな学力、豊かな心、健やかな体、すなわち知・徳・体の調和のとれた育成を重視した考え方である。
    また、②の基本方針の具体的内容とは、近年の時代の発展とともに、特別支援学校を取り巻く諸状況は大きく変化している。幼児児童生徒の障害の重度・重複化、発達障害を含む障害の多様..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。