【PB2060】 図画工作 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数557
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014 年度 PB2060 図画工作 1 単位目

    使用教科書:『図画工作科研究』藤江 充・佐藤洋照編著(日本文教出版)

    1.テキストの「図画工作(美術/造形表現)教育の意義・目的」(第1章)を読み、1,000 字程度に大意要約せよ。
    2.テキストの「美術科教育の歴史」(第3章)を読み、「山本鼎の自由画教育」と「久保貞次郎の創造主義美術教育」とを、明治初期からの我が国の美術教育史の概略に位置づけ、1,000 字程度で説明せよ。

    講評
    よくまとまっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     1.「芸術を教育の基礎とすることにより、教育を平和のための教育たらしめようとする」としたリードの熱望に深い共感を寄せ、日本でも「芸術による教育」が美術出版社より刊行された。造形教育を思想的かつ方法論的に問う際に重要なことは、造形的表現活動を教育活動として扱う際には、内容的・方法的にも「何がより普遍的か」に注意を払うべきだということである。すなわち、普通教育で教科として取り行う場面での「教科教育の命題」に常に注意を払うべきなのである。
    この教科の基本的命題は、①造形的表現活動とはいかなるものか②指導可能なこととは何かである。つまり、何を扱っており、如何に扱うべき教科なのかということを我々指導者が模索しつつ、常に心掛けながら接しなければならないのである。図画工作科の性格は小学校学齢期の児童を主体とする美術教育であるといえる。ここでいう「美術」とは、学習指導要領の「造形的表現活動」にあたる。この造形的表現活動は、造形的な「制作」あるいは、目や心での「追制作」的な面が色濃くある「鑑賞」の活動を総称して捉えるべきである。 「造形的表現活動」における「造形」とは、物的材料に変工を加え、もとにあっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。