【WB1010】健康・スポーツ科学論 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数461
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度 WB1010 健康・スポーツ科学論 1単位目 「生涯学習の観点から、これからの日本社会におけるスポーツの必要性について述べなさい。

    使用教科書:『生涯スポーツと運動の科学』 森谷 潔 監修(市村出版)

    講評
    レポートの柱立てもよく、順序良くきちんと説明されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     課題を受け、「生涯学習」とはどういうものであるかを明らかにすると共に、これからの日本社会におけるスポーツの必要性について以下のように説明する。
    まず、「生涯学習」とは、一般に、人々が生涯に行うあらゆる学習、すなわち、学校教育・社会教育・文化活動・スポーツ活動・レクリエーション活動・ボランティア活動・企業内教育・趣味など様々な場や機会において行う学習のことである。(文部科学省白書,2006)
    「生涯学習」の中におけるスポーツとは、
    「スポーツ活動」という位置づけで定義されている。私は、一般的なスポーツ活動を、体力や競技力の向上を目指した、勝つためや記録を達成するための競技スポーツが、従来のスポーツ科学であると考える。しかし、「生涯学習」とは、年齢性別を問わず、誰もが生涯を通じて行う学習のことである。そこで、従来のスポーツ科学に加え、勝敗や記録に関係なく楽しめ、長く続けていけることを目的とし、子どもや高齢者などへも重点をおいた、「生涯スポーツ」を深める必要性が高まっていると考える。また、健康づくりの面からも、「生涯スポーツ」は大変重要であり、人間科学的(ヒューマニティ)な面からの特化も必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。