【WC1050】情報リテラシーa 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数406
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度 WC1050 情報リテラシーa 1単位目 「インターネット社会になって便利に感じたことを述べよ。」
    高評価で合格したレポートです。

    使用教科書:『キーワードで理解する最新情報リテラシー』 監修;久野 靖・辰巳 丈夫・佐藤 義弘(日経BPソフトプレス)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インターネット社会の発展によって、われわれの生活はますます便利になっている。どのようなことが便利になったのか、私の体験を踏まえて以下に記述する。
     インターネットは、全世界に張り巡らされたコンピューターネットワークであり、私たちはパソコンを通して全世界と繋がることができるのである。
    ます、私がインターネットで最も利用しているのが、検索サイトである。テレビで見たニュースなど、気になる話題について調べたり、レポートを書く時、テキストに記載されているキーワードについて調べたりもしている。
    例えば、仕事で知らない地方に行かなければならない時は、地図サイトを利用することによって、出張先までの道のりや交通手段ごとの経路や所要時間、乗り替え案内まで知ることができるのである。このことによって、出張のスケジュールが容易に組めるようになり、先方との意アポイントメントも取りやすくなるという利点がある。
    旅行の行き先、行楽先などについても気軽に調べることができ、調べられる内容も多岐にわたり、その土地の特色や観光名所、名産物はもちろんのこと、宿泊ホテルの予約や交通手段のチケット購入も気軽に出来るのである。この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。