【WC1050】情報リテラシーa 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数317
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年度 WC1050 情報リテラシーa 2単位目 「インターネット社会の光(良い点)と影(悪い点)について調べ、その影をなくすための解決策について述べよ。」
    高評価で合格したレポートです。


    使用教科書:『キーワードで理解する最新情報リテラシー』 監修;久野 靖・辰巳 丈夫・佐藤 義弘(日経BPソフトプレス)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     インターネットは、われわれの生活をますます便利になった光の側面とその裏に潜む影の側面がある。インターネットの光と影を各分野に分けて記述し、その影をなくすための解決策を私の体験を踏まえて以下に述べる。
     まず、私たちの日常生活における分野では、ホームページやブログによる情報発信や情報交換、メールやインターネット電話によるコミュニュケーションなど、パソコン等の情報端末があればいつどこでだれとでも、さまざまな情報をリアルタイムで手に入れることができるのが光の側面である。この分野における影の側面としては、インターネット犯罪である。例えば、ホームページのデータ改ざんや、ブログサイトに登録している個人情報を盗み出して他人になりすましたり、ストーカーに発展しているケースも多数報道されている。
     さらに、政治・経済分野における光の側面をみてみると、行政機関の情報公開や情報開示、公的証明書の発行、WEBによる政治討論、インターネットバンキングや電子マネー、ネットショッピング等、インターネットを通じて個人情報や個人資産をも動かすことができるのである。この分野における影の側面は、個人情報の漏えいやプライバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。