Q0706社会学概論【第二設題】アイヌ民族の権利主張が、日本人社会に認識させたものはなにかについて述べよ【評価A】

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数586
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Q0706社会学概論【第二設題】アイヌ民族の権利主張が、日本人社会に認識させたものはなにかについて述べよ
    評価はAでした。
    レポート作成の一助となりますように、またそのままの提出はご遠慮ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アイヌ民族の権利主張運動が、日本人社会に認識させたものはなにかについて述べよ。
     アイヌ民族という言葉は知っていたが、「北海道旧土人保護法」がいまからおよそ20年前の1997年に廃止されるまで、法律により差別されていたことは知らなかった。日本には民族問題はないと思っていたが本著を読み学ぶことが多かった。
     アイヌ民族の問題だけでなく、沖縄の人々への偏見・抑圧や在日朝鮮・韓国人に対する差別・抑圧がいまでも存在する。近年では国交間の政治問題もあり韓国・中国に対するヘイトスピーチなどもある。一方では、日本での労働力不足(特に介護・看護分野)解消のため、多くの外国人(特に東南アジア)が来日し、専門知識を身につけ職に就こうとしている。
     以下では、アイヌ民族に関して考察する。
     まず、アイヌ民族がどのような差別をされたか考察する。アイヌは、元来、狩猟採取民族である。文字を持たない民族であったが、毛皮や海産物などをもって、ロシアなどと交易を行い、オホーツク海域を経済圏にしていた。また、土地の所有・漁業権などの権利習慣や制度を持たなかった。その結果、1457年に和人・アイヌ間でコシャマインの戦いが生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。