Q0704法律学概論【第二設題】医療をめぐる法律問題についてUP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数299
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Q0704法律学概論【第二設題】医療をめぐる法律問題について
    評価はBでした。
    第一設題同様に、考察をくわえるようにとのコメントをいただいています。
    レポート作成の一助になりますように。
    また、そのままの提出はご遠慮ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療をめぐる法律問題について
     
     現代における医療と法律の関係については、2つの側面から考察することができる。
    第一に、医療における患者の権利の確立に関する諸問題がある。従来の医療は、恩恵的・権威主義的色彩が強く、必ずしも患者の立場に立ったものではなかった。近年、これを反省し医師と患者の関係を権利主義に基づいた関係に変えていく事によって適切な医療を確立しようとする動きが顕著である。具体例として、患者の自己決定権の承認や、医師の医療過誤責任を追及する訴訟が増加している事がある。
    第二に、近年の医療の急速な進歩により生じた一連の問題である。医療の急速な進歩は、従来では予想できなかった数多くの可能性を生み出し、人間の誕生や死亡、そして遺伝子にまで、医学技術によるコントロールが及びつつある。
     これらの問題はすべて、医学と法の交錯する領域において生じる問題であり、学際的な性格を有する事から、近年、「医事法」という独立した専門分野が形成された。医事法は、患者にとって重要な論点を
    「現代医療のゆがみと法的対応」
    「患者の自己決定権」
    「医療過誤訴訟」
    「生殖補助医療」4つに分け論じる。
    「現代医..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。