Z1104教育社会学 【第一設題】 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数561
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1104 教育社会学 【第一設題】 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するかについて
    評価は「A」でした。

    レポート作成の一助になるかとおもいますので
    是非とも参考にしてください。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。
     学歴社会とはどういうものか考えてみたい。学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされている。
    一方、学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」すなわち、社会的・職業的地位を決める主たる基準の一つが学歴であるような社会である。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、具体的には文化的地位なども含む。
     なぜ学歴社会が成立していったのだろうか。それは、明治維新後の政府の「富国強兵」の国家目標の達成のためには、幅広い分野で相当数のリーダーが必要とされ、リーダーに求められる知識・技術の水準を向上させ質量両面で安定的に育成するためには、それまでの身分に依存した藩校・寺子屋等のシステムではうまく機能しない為、より効率的な人材育成・登用のシステムが必要とされ、こ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。